バラ好き

バラの種類

プレゼントとして最適な花であるバラですが、その種類は驚くほど多く、バラの歴史はとても古いのです。

 

バラは、大きく分けると「オールドローズ」と「モダンローズ」とに分けられます。
オールドローズは、野生のバラも含めて、1867年以前に作られたものをさします。
ヨーロッパの庭園で栽培されていたオールドローズは、切花としてではなく、つるや茎までバラ全体の姿を楽しむことを目的とされていました。
モダンローズは1867年以降に作られたバラで、1年に1度しか咲かないオールドローズと違い、長く花を楽しむことができる四季咲きが多いということが大きな特徴です。

 

現代では、丈夫で育てやすいモダンローズが良く知られていますが、モダンローズの中でも、色々な系統があります。

 

モダンローズの代表的なものは、ハイブリッドティー系です。
四季咲きで10cm以上の大輪の花をつけるバラです。色の種類は豊富で、5月から11月頃まで花を咲かせます。

 

最近日本で人気があるのはイングリッシュローズです。
オールドローズとモダンローズの交配によって生まれたイングリッシュローズは、両者の良い部分を受け継いでいます。オールドローズのクラシカルな花の形と良い香り、モダンローズの多彩な花色があります。日本で知られるようになってからは、まだ10年程度ですが、その種類は100種類以上ありますよ。

 

花壇の演出に最適なのは、フロリバンダ゙系です。
四季咲きで5cm?8cmの中輪の花をつけるバラです。色や形は多種多様です。
黄色からピンクになり、やがて赤色になる「マスケラード」という品種のように、色が変化するバラも、フロリダパンダ系の特徴です。

 

 

 

 

バラを使ったプレゼント

大切な人のお誕生日やお祝い、記念日などにバラの花束をプレゼントしたら、とっても素敵ですよね。ですが、花束やアレンジメントは何だか照れくさい・・・と思う人も多いのではないでしょうか。

 

バラのプレゼントは、お花だけではありません。
バラを使った化粧水や石鹸などはいかがでしょう。
花束よりも手軽で、ですがお洒落なプレゼントになりますよ。

 

バラには女性が綺麗になる成分がたくさん含まれているのです。
バラを使った化粧水や石鹸なら、バラの香りを楽しみながら、体の中から綺麗になることができますよ。

 

バラの紅茶やお酒などもありますよ。
ローズティは最近では良く見かけるようになりましたよね。
バラのお酒は日本酒をベースにしたものや、カクテルなど、色々なものがあります。
優しいピンク色をしていて、ほのかにバラの香りが漂う、とてもお洒落なものですよ。
プレゼントした後に、一緒に乾杯してみてはいかがでしょう。

 

少しびっくりさせたいなら、バラ風呂なんてものもあります。
バラを浮かべたお風呂、女性なら誰でも一度は経験してみたいものなのですよ。
ですが、なかなか自分で用意する機会はないものです。
ギフト用のバラ風呂セットは、お風呂に浮かべるためのバラが沢山入っています。
一緒にアロマキャンドルなどがセットになっているものもあり、優雅なバスタイムを過ごすことができます。
いつも頑張っている恋人や奥様へ、お洒落なリラックスタイムをプレゼントしてあげましょう。

 

 

 

 

バラジャムの作り方

バラは鑑賞用だけでなく、食しても体に良い色々な効果があると言われています。

 

ですがそのまま食べようとすると、一度にたくさんの量を食べることは難しいですよね。美味しくたくさんのバラを食べるために、バラをジャムにして味わってみましょう。

 

バラのジャムなんて、ちょっと意外に思う人も多いのではないでしょうか。
市販されているバラジャムもありますが、自分で作ってみるのも楽しいですよ。

 

ジャムに使うバラは、できるだけ新鮮なものがおすすめです。
朝、起きた時にバラを摘み取っておきます。開ききったものでも良いですが、できれば開ききる前のものの方が香りを良く楽しむことができます。
バラの花びら(150g程度)をさっと水洗いします。よく水気をきったら、レモン汁をかけて強くもんでいきます。バラ色の汁が出てくるので、残しておいてくださいね。
花びらを絞ったらお鍋に入れて、お水1カップとお砂糖100g程度を入れて煮込みます。
強火にはせず、中火?弱火で20分くらいゆっくり煮込んでいきます。
火から下ろして冷めてから、先ほどの絞り汁を入れて1時間ほど寝かせておきます。
その後、もう一度火にかけて煮込みます。

 

バラジャムは、そのまま食べても良いですし、紅茶やサイダーに入れて飲んでも良いですよ。
バラだけでは何となくさみしいな、と感じた人は、リンゴジャムを使ってみましょう。
市販されているリンゴジャムを鍋に入れて、そこにバラの花びらを浮かべて煮込むと、バラの香りが良いジャムが出来上がります。手軽に出来て、嬉しいですよね。

 

ジャムに使うバラは、農薬を使っていないものにしましょうね。
自分のお庭で、無農薬で育てたバラなら安心して使うことができますね。

 

 

 

 

時と場合に応じたバラの選び方

お花のプレゼントといえば、バラを思い浮かべる人が多いですよね。
お花屋さんでバラを選ぶ時、色や大きさ、形などが様々で、どれを選んだらよいか迷ってしまうと思います。相手や自分の好みに合わせたものを選ぶのも良いですが、時と場合に応じたものを選ぶことも大切です。

 

病気やケガをしている時に綺麗なバラをもらえば、それだけで心が癒されることと思います。お見舞いの品としてバラをプレゼントする時は、元気が出そうな黄色やオレンジ色などの明るい色を選びましょう。
ミニバラなどの鉢植えも可愛いですが、鉢植えはお見舞いには向かないものとされています。根があることから、「寝付く」ことを連想させてしまうのですね。花束やアレンジメントを贈るようにしましょう。
また、「4本」「9本」など、不吉な数字の本数にすることも避けておいた方が良いですよ。

 

出産祝いとしてのプレゼントには、濃い色よりも、淡い、やさしい色が良いでしょう。
赤ちゃんのお世話で忙しいお母さんなので、お水の入れ替えの必要のない、アレンジメントや鉢植えが喜ばれるかもしれませんね。

 

新築祝いとしてなら、強い色は避けるようにしましょう。
家具やお家の雰囲気に合わない場合があります。
どの場所にでも合いそうな、白やピンクのバラが良いですね。花束をプレゼントする時は、素敵な花瓶も一緒にプレゼントするとすぐに飾ることができて良いでしょう。

 

お友達の女性の結婚祝いとしてなら、青色系のバラがおすすめです。
「サムシングブルー」の言葉に従って、お友達の幸せを願って、心をこめてプレゼントするとお洒落ですよ。

 

 

 

 

青いバラ

バラには色々な種類がありますが、バラといえば赤やピンク、黄色や白などが一般的ですよね。
ところが2004年、お酒で有名なサントリーが、世界初の「青いバラ」を作ることに成功し、2009年には販売を開始すると発表したのです。

 

植物の花の色を決めている色素には色々な種類があり、そのうち青色の色素で重要なものが「デルフィニジン」というものです。
バラにはこのデルフィニジンが含まれておらず、既に開発されている、紫色のような青っぽいバラにも、この色素は発見されませんでした。
このようなことから、青いバラは、実現不可能な幻のバラとして、語り続けられてきたのです。

 

この不可能といわれてきた青いバラについて、サントリーはオーストラリアのフロリジン社と共同して、1990年から研究に着手しました。
この研究の過程で、ペチュニアなどに含まれるデルフィニジンを使って青いカーネーションの開発に成功しました。
その後、バイオテクノロジーを用いた開発が進み、パンジーのデルフィニジンを作る遺伝子をバラに組み込んで機能させ、デルフィニジンを持っている青いバラを作り出すことに成功したのです。

 

たくさんの研究者によって、長年かかって生み出された青いバラ。
これまでになかった珍しい青いバラは、特別な人へのプレゼントにも喜ばれること間違いなしですよね。
もちろん自宅やお店、オフィスなどを飾ってみても、とても素敵です。
発売後は、是非一度青いバラの美しさを楽しんでみましょう。

 

 

 

 

バラの鉢植えの植え替え法

バラの花束やアレンジメントも素敵ですが、ミニバラなどの鉢植えも、可愛らしいものです。
鉢植えのバラは切花のバラよりも、長く花を楽しむことができ、育てていく楽しさも味わうことができます。大切な人へのプレゼントとしても、最適ですね。

 

プレゼント用として売られているバラの鉢植えは、陶器やカゴなどのお洒落な鉢カバーに入っていて素敵ですが、ほとんどはビニールポットの株をそのまま二重にして植えられているものです。
そのままで楽しみたいものですが、バラのことを考えると早めに大きな鉢に植え替えることをおすすめします。
鉢植えをプレゼントする時には、長く楽しんでもらうために、大きな鉢も一緒にプレゼントすると良いかもしれませんね。

 

植え替えに最適な時期は、12?2月です。
ですが、プレゼントは時期を選びませんよね。その他の季節に植え替え作業を行う場合は、根についている土をなるべく落とさないようにして、根を傷めないようにしましょう。
大きめの鉢の底穴に、鉢底網を置いた後、植え付け用土を1/3程度入れます。
ビニールポットからバラを取り出して植え付けます。鉢の中央部分から少し後ろに入れると良いでしょう。
移したら、さらに土を入れます。鉢の周りにすき間ができないように、しっかり土を入れておきます。表面を平らにして、土をならしたら完成です。

 

完成後は、お水をたっぷり与えてくださいね。すぐに日向に出さずに、2、3日は風通しの良い明るい日陰に置いておきましょう。

 

 

 

 

バラの鉢植えの育て方

「バラのプレゼント」というと、豪華な花束や可愛らしいアレンジメントを想像する人が多いのではないでしょうか。ですが、バラの鉢植えもまた、素敵なプレゼントになりますよ。花束やアレンジメントのバラは時間がたつにつれて元気がなくなり、やがて枯れてしまいますが、鉢植えなら、花を長く楽しむことができます。

 

また、育てていく楽しみがあるのも、鉢植えの大きな特徴ですね。ガーデニング好きな人へのプレゼントなら、鉢植えは最適なプレゼントになりますね。プレゼントするからには、贈る側としても、バラの育て方をしっかりと勉強しておきましょう。

 

まず、水やりですが、それほど神経質になる必要はありません。土が乾いたら与える、を基本にして、冬場なら1日?2日に1回、夏は1日に1、2回程度にしておきましょう。与える量は、鉢底から流れ出るくらいにたっぷりと与えましょう。バラは肥料が大好きです。特に鉢植えのバラは、鉢の中だけでしか栄養分を補給できないので、肥料は忘れずにあげましょう。肥料には、液体タイプ、堆肥タイプ、固形タイプなどがあります。お好みの物を使えば良いのですが、それぞれのパッケージに書かれている、決められた量や与え方に気をつけて使ってくださいね。

 

剪定も必要です。枝を切ってしまうなんて、ちょっとかわいそう、と思ってしまう人もいるかもしれませんが、バラを美しく元気に育てるためには必要なことなのです。剪定のタイミングは1年に2回で、「芽が伸びだす前」と「咲き終わった後」です。芽が伸びだす前は、2月中旬頃が良いでしょう。枯れ枝や、細い枝を切り落とし、丈夫そうな枝が盃状になるようにカットします。高さは50cm程度で、芽の少し上のあたりで斜めに切ります。

 

咲き終わった後の剪定は、8月?9月あたりです。枯れた枝や元気のない枝を切り落とし、夏に伸びた枝を全体のバランスを見ながら整えていきます。

 

肥料や剪定作業など少々面倒な気もしますが、上手に育てていけば、年ごとに大きくなりますよ。大きくなった株は、植え替えてやると、さらに大きく丈夫に育ちます。「これはあの時のバラだね」なんて話もまた楽しいものですよね。

 

 

 

 

花屋さんの「おすすめ品」

バラをプレゼントしようとお花屋さんに出かけると、「今日のおすすめ」などと札にかかれて、店頭に束になって売られている花を見かけることがありますよね。
買おうと思っていたバラの花が、10本1000円程度で売られていることもあります。
通常、バラは安くても1本250円程度です。
ですが、安いなら!と思って買いたくなる気持ちをおさえて、「安物は古い花で良くない」と頭に浮かんで高い方を買っていませんか?

 

プレゼント用としてなら、確かに安さだけではなく、質にもこだわりたいですよね。
ですが、今日のおすすめのお花は、決して質の悪いものではないのです。

 

安いということは、その日にたくさん採ることができて安く入荷できたということなのです。たくさん採れたということは、旬のお花であるということですね。
野菜売り場の「おつとめ品」とは違って、新鮮で、質の良いお花ということなのです。

 

そのようなお花は、たいていお店の一番目立つ場所においてありますよね。
お店が自信を持って売っている証拠です。
中には、本当に古い花で悪質なお店もありますが・・・。
たいていのお店では、まとめて安く売られているお花は、丈夫で長持ちする花ばかりですよ。
プレゼント用として考えているのなら、お店の人に頼めば可愛らしくラッピングしてくれると思いますし、特別な日ではない日のお家への手土産として、利用するのも良いですよね。
信頼できるお店かどうかがポイントになりますが、是非、このようなお得なお花をどんどん活用してくださいね。

 

 

 

 

鉢植えのプレゼント

バラをプレゼントしよう、と思った時、多くの人が花束を想像しますよね。
バラの花束は確かに豪華で素敵ですが、バラを使ったアレンジメントでも可愛らしいですし、バラの鉢植えもとても素敵ですよ。

 

プレゼントに鉢植え?とピンとこない人も多いかもしれませんが、花束より少ない予算でもボリュームが出て豪華に見えますし、鉢植え1つだけではなく、複数の鉢植えや可愛いらしい雑貨をBOXやバスケットに入れてギフト用にしたものなどもあり、とてもお洒落なプレゼントになります。母の日やクリスマスなどには、そういった商品が花屋さんの前に並んでいて、人気を集めていますよね。

 

鉢植えをプレゼントする時に気をつけなくてはいけないことは、お見舞いの品としては避ける、ということです。

 

昔から言われているので知っている人も多いかと思いますが、鉢植えは根がついていることから、「病院に寝付く」と連想されてしまうので、お見舞いの品としては縁起が悪いとされています。
本来は、病院で入院している場合にあてはまることなのですが、自宅療養している場合でも、縁起が悪い、と連想してしまうこともあるので、なるべく避けた方が良いですね。
ただ、最近では逆に、鉢植えは縁起が良い、と言われていることもあるそうです。
鉢植えのお花は、アレンジメントや切花に比べて枯れにくいですよね。
特に旬の花の鉢植えはお花が次々に咲くことから、「元気になる」ととらえる考え方もあるようです。
相手の人が不快に思わないことが分かっているのなら、場合によっては可愛らしい鉢植えをプレゼントしても良いかもしれませんね。

 

 

 

 

海外へのプレゼント

大切な記念日に、素敵なバラの花束を贈りたい!でも、相手は海外にいるので無理だよね・・・なんて、思っている人はいませんか?
大丈夫です!海外にいる人へも、素敵な花束やアレンジメントを贈ることができるのです。
花の配送サービスで良く知られている「花キューピット」でも、海外への配送をしてくれますし、その他、他の花屋さんでも海外への配送サービスを行っているお店がありますよ。
どのようにして送るの?と、ちょっと疑問に思ってしまいますよね。
もちろん、そのまま宅急便で送るのではなく、それぞれの花屋さんが提携している、海外の花屋さんから送られることになるのです。日本の花屋さんが手配代行してくれる、というわけですね。

 

金額は、それぞれの国によって、異なります。
また、円相場によっても変動があります。
お花代と手数料で1万円くらいから、と考えておきましょう。

 

また、お花はカタログや写真を見て、こんな感じで・・と大体のイメージは伝えることはできますが、花の指定や細かい希望はできません。
日本には多く出回っているお花も、海外にはない場合がありますし、ハワイやグアムなどの島国では、入荷される花に制限があるので花の種類が少なくなります。
ですが、海外の花屋さんが責任をもって、それぞれの国にあった旬の花を届けてくれるので、安心してお願いすることができますよ。

 

心のこもったメッセージも一緒につけることができます。必要な場合は、翻訳もしてくれますよ。
日本からの心のこもったお花のプレゼントは、贈られた人に喜ばれること間違いなしですよね!是非利用してみてくださいね。